ゆるり家のミッション

①地域で支え合い、育ちあう関係づくり

★多様な人とのゆるやかな交流ができる場

 誰でも来やすい、無理なく気軽に集うための開かれた場 

(よっといday、おきだくだがしかし、くるくるりさいくる)

  

★関係づくりを意識して集う場

 ・孤独な子育てからの脱却

 ・親子セットで動かざるを得ない子育て期に、地域の中で多様なつながりをつくっておくことで、子どもも親も地域の中に居場所ができる。 

 《子育て井戸端会議》

同じ立場の人同士の交流

 (乳幼児期の親同士、小学生の親同士、中高生の親同士、働く親同士、障がいをもった子の親同士・・・)

少し先の世代の人との交流

 (乳幼児期の親と幼稚園・保育園児の親、幼稚園・保育園児の親と小学生の親、小学生の親と中高生の親・・・)

多様な人との交流(多世代との交流、障がいをもった子たちとの交流、ワーキングママと専業主婦の交流・・・)

 


②子どもの居場所「私」の居場所づくり

★子どもの居場所 

《おきらくだがしかし・・・(週に1度の駄菓子屋)》

 子どもたちの「すき間」の時間をゆたかに・・・ 

 友だちとたむろできる場

 子どもが育つ環境として、学校や家庭とは違った機能を果たす「地域」の役割を意識する

 地域の中に、縦の関係(親-子、先生-生徒)、横の関係(友達、兄弟)+ ななめの関係(となりのおっちゃん、

 おばちゃん、兄貴、おねえちゃん・・・)をつくる  

《こどものてらこや 楽学館》

 学ぶ楽しさ、わかる喜びを感じ、『考える力』を育てる学習サポートの場

 

★「私」の居場所(大人の居場所)

 自分が自分らしくいれる場、仲間と集える場 

《おとなのてらこや》  

大人になっても学び、成長できる場・・・子育てをはじめて、子どもを持つまでは自分の努力で何とかなってきたことが、自分の力だけではなんともならないことを実感する。社会問題、環境問題、食育、地域についてなど、子どもを授かってから意識するようになる問題について、考え学べる場を・・・。 

 《すぺーすゆるり》 

用途自由につかえる場の貸し出し


③社会とつながるためのチャレンジの場づくり

★子育て中だからこそできる地域活動の場

・妊婦さんにとっては新生児のママが、新生児のママにとっては生後4ヶ月のママが一番の支援者。自分の体験を語ることが、後輩ママの支えになる。

・小学生、中学生にとって、赤ちゃんや小さい子どもたちとふれあう機会は生きた「いのちの教室」

 

★子育て期の親が、特技を活かして社会とつながる場

・おとなのてらこやの教室の先生

・ちょこちょこお店、ちょこちょこ市

 

★子育てが一段落した女性が、これからの生き方を考える場

・おとなのてらこやで学んで気づいた社会的問題を、「何かしてみたい!」へ発展させ、やりがいのある仕事へつなげる。